2015年04月07日

現在の進捗などにつきまして。

おはようございます。
KeNです。

現在の進捗に付きまして、ご報告いたします。

まずは、シナリオですが、まだテキストは書いていませんが、プロットはほぼ完成しておりまして、発注先も決まっています。現在、その発注先と交渉中です。ですので、近日中に具体的な報告が出来ると思います。もう少々お待ちください。

次に、グラフィック関連ですが、こちらも担当してくださるというありがたい方が数名いらっしゃいますので、その割り振りを考えているところです。こちらは、まずアイドル衣装の立の塗りを作りまして、イメージヴィジュアルを完成させましてから、イベントCGの作成に入りたいと思います。こちらも、もう少しお時間を頂ければと思います。

あとは、ホームページ等に関しましてですが、こちらは色々と複雑なことになっておりまして、すぐに解決できないという状態です。ですので、急ぎの場合は、こちらに書き込んで、頂くか、直接、僕宛にメールをください。お手数をおかけししますが、よろしくお願いします。

では、報告は、以上となります。
失礼します。
posted by KeN at 08:38 | Comment(15) | TrackBack(0) | 『アヤメノミライ』開発日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年03月13日

おかしな時間に失礼します。

こんばんは。
KeNです。

おかしな時間に失礼します。またまた、こんな時間に目覚めてしまい眠れなくなってしまいました。たぶん、朝方に眠気が襲って来るとは思いますが……

さて、開発進捗につきまして、現在、僕の方では発注資料を制作しているという状況です。それも、けして予定通りに進んでいるとは思いませんが、4月から別の人間もまじえて、進行していく予定ですので、なんとか夏までには発売できるものと思います。ご心配をおかけしまして申し訳ありませんが、今しばらく、お待ちいただけましたらと思います。

コメント欄に来ていたもの等に、返信をさせていただきます。

基本的に、弊社というか、黒ブランドの商品は凌辱輪姦ものとなっています。いつも通りと言うことで、売れるのかどうかご心配というか、企画に対しまして懐疑的な方もいらっしゃるようですが、僕としましてはこのジャンルにつきまして一定の需要があるものと思っています。今更爆発的に売れるような新ジャンルだとは思ってはいませんが。ですので、売り上げによりまして、開発費の回収と次の開発費の捻出程度はなんとかなるのでは無いかと思います。ご心配をおかけしますが、完成品をプレイしていただきまして、乾燥をいただけましたら、次回作に生かしていきたいと思います。

今作につきましては、目新しいと言うほどではありませんが、アイドル設定が今までのミライシリーズ作品とは異なります。その点で、少しでも、目を引くことが出来ましたら幸いです。どうかご期待ください。

エロシーンの大半は凌辱輪姦シーンです。もちろん、エロシーンにつきましては、入れられるだけ入れたいと思っております。もちろん、ボリュームと価格との兼ね合いもありますので、無茶なことは出来ませんが、せめてものサービスとしまして、お値段以上の価値を見いだしていただけますように努力いたします。

あと、姉妹ブランドのドメインの更新を忘れておりました。急ぎ、復旧作業に入りたいと思いますので、少々お待ちください。ご心配をおかけしまして、申し訳ありません。

では、とりあえず、今回の情報はこんな感じで、締めさせていただきます。また何かありましたら、コメント欄等にて、ご連絡いただければと思います。

失礼します。
posted by KeN at 03:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 『アヤメノミライ』開発日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年02月24日

こんな時間ですが……

こんばんは。
KeNです。

こんな時間ですが、いくつかコメントが来ていましたので、ちょっとした更新をさせていただきます。お付き合いくださいませ。

まずは、謝罪から。本当に、僕のせいで、発売が長々と伸びてしまい、大変申し訳ありません。ですが、なんとか、開発を襲いながらも少しずつ進め、今度こそ、お約束した期日までに発売したいと思っています。病気云々というのは、こちらの都合であり、それを理由に開発・販売を送らせることはあってはならないことだと思っています。ですので、以前どなたかにも指摘されましたように、早急に開発体制を作り直せば良かったと反省しております。今度こそは、開発体制も変更しましたし、なんとか開発・販売いたします。もう少しお待ちいただければと思います。

次は、内容についてですが、『アヤメノミライ』はアイドルものでミライシリーズということで、基本的にアイドルを輪姦するというお話になります。ちょっとしたストーリーは考えていますが、低価格帯のソフトですので、純粋にエロに特化したものを制作していく予定です。なので、ほとんどのイベントシーンは、エロシーンになると思います。また、ストーリー分岐もほぼ無い一本道の者になると思います。選択肢は用意するかも知れませんが、基本的にそんなにストーリーは変わらないと思います。ということで、エロシーンにはご期待ください。

こんな時間に失礼いたしました。また暇を見つけて、返信していきたいと思いますので、遠慮無くコメント欄に書き込みをよろしくお願いします。

では、少しでも開発を進めたいと思います。
失礼します。
posted by KeN at 04:11 | Comment(4) | TrackBack(0) | 『アヤメノミライ』開発日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。