2015年07月25日

今回の事につきまして

こんばんは。
KeNです。

今回の事に関しまして、誤解があるようですので、片方のご意見やお言葉だけではなく、僕の方の主張も聞いて頂けますと助かります。

電話を頂いたことに関しては、特に僕の方は問題ありません。ただ、時間帯が非常識であり、出来れば営業時間内にお願いしたいと伝えていたのですが、どうもそのことがうまく伝わらず、あのような時間に電話を頂いたことに納得がいきませんでした。こちらに、非があることですので、出来るだけ丁寧に対応したつもりですが、それがうまく伝わらなかったことも、非常に残念でした。

当然のように、弊社に非があることですので、警察沙汰にするつもりは一切無かったことは、付け加えさせていただきます。そういう、下品な考え方をさせてしまったことは、大変申し訳ないとは思っています。

また、顧客情報を別の方法で洗い出す事も可能かも知れませんので、教えて頂きたいと伝えたのですが、個人情報を悪用するかも知れないと言われてしまい、教えていただけませんでした。ですので、僕が出来ることは限られてきます。

また、僕の心持ちとしては、個人的に返金も考えていたのですが、あちらから情報をいただけなかった上、詐欺であると言う主張をくりかえされてしまい、お互いの話が全く噛み合わず、並行線となりましたため、大変失礼で申し訳ありませんが、こちらから電話を切らせていただきました。

今更、個人情報を悪用をすることはありませんので、教えていただければ、例外的処置として、内密に返金も考えておりました。ですが、話がこじれてしまいましたし、このことをここに書いたことで、そのことはこちらが今度は詐欺にあうことも考えられますので、顧客情報と入金状況の照らし合わせが出来ない場合、返金が出来なくなってしまいました。本当に、不本意な流れとなってしまい大変申し訳ありませんが、ご理解頂けますと助かります。

あと、個人的なことに口出しをされることは、非常に不愉快です。別のブログに何かしらの情報を載せることで、こちらが逃げているわけではないということ、今も生きていて何かしらの活動をしていることを示すために公開していましたが、それもこのようなことになりましたので、今後は僕の行動をお伝えすることは非常に難しくなりました。こちらも、ご理解頂けますと幸いです。

公人である自分は、あくまでも社長に逃げられて放置され、その上で微力ながらなんとかソフトの開発などを行って行きたいと思っていましたが、そのことについても、いろいろと考えを変えなくてはならないのかも知れないです。僕も被害者であるということ、また皆さんに迷惑をかけないように、なんとか事態を収拾させたいと思い行動していたことなど、ご理解頂けますと幸いです。

こちらに非があることですし、大変申し訳無く思っております。また主張ばかりでは、らちがあかないとは思いますが、どうかご理解頂けますと助かります。本当に申し訳ありません。

今後も出来るだけ誠意ある対応をしていきたいとは思っておりますが、ドンドン選択肢を狭められてしまい、身動きが取れなくなってきました。勝手なお願いで申し訳ありませんが、どうかご理解の上、行動をされることを切にお願いいたします。

本当に、申し訳ありませんが、どうかご理解いただければと思います。

では、失礼します。
posted by KeN at 22:34 | Comment(5) | TrackBack(0) | 『クライミライ零』CFについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。